ビジネス書

「LP改善最新事例ベスト3」リッチ・シェフレン著

ランディングページとはお客様がはじめに目にするページです。

そのため、かなり気合を作るという方も多いのではないでしょうか。

様々な事例を元に対策をし、集客アップ・売上アップを狙ってランディングページを作成したものの、思うように集客が出来ず売り上げも上がらない…そんな経験はありませんか?

 

エキスパート・シークレッツという月額制の有料サービスがあります。

こちらは世界で活躍する50人のオンラインマーケターから、実際に効果のあった事例を紹介するサービスです。

 

このサービス内で実際に紹介された手法の中からLPに特化したものを集めて紹介している話題の本が、今回ご紹介するが

リッチ・シェフレン著 「LP改善最新事例ベスト3 最小の変化で成果を最大にする方法」

という本です。

 

この本ではLPについて学ぶこと、そして具体的な施策について知ることができます。さらにその施策は全て実際に実行されて効果のあった手法だけが紹介されています。

LP改善最新事例ベスト3から学べる事

「LP改善最新事例ベスト3 最小の変化で成果を最大にする方法」とは、先ほどもお伝えしたようにLPの改善方法に特化した書籍です。

この本では

・そもそもLPとは?

・LPがなぜ重要なのか

・LPを改善することで何が起きるのか

ということについて学べます。

 

また、LPを学ぶ上で必要なサイトの「アクセス価値」。

 

こちらについても具体的な計算方法も含めてしっかりと解説をしているので、

LPについて系統的に改めて学びたい!

という方にも、

知識はあるので改善策を具体的に知りたい!

という方にもおすすめです。

さらには具体的に改善のあったLPの手法BEST3を、解説付きでしっかりと紹介しています。

著者「リッチ・シェフレン」について

グーグルやヤフー、マイクロソフトなど大手インターネット関連企業へのコンサルタントを行う、ネットマーケティングの第一人者です。

マーケティングの世界において名だたる起業家とパートナーシップを結び指導を行うその経歴から彼を「グルズ・グル(Guru’s Guru)=先生たちの先生」と呼ぶ人も多くいます。

このように、リッチは著名人からの圧倒的な支持を得ています。

 

リッチ・シェフレンのキャリアは世界五大会計事務所の一つであるアーサー・アンダンセンで戦略企画担当としてスタートをしました。

 

その後リッチの家族の営む服飾店が近隣へのショッピングモール進出により経営難に陥り、その状況から脱するためにアーサー・アンデンセンを退社することに。

 

そして自らの知識やスキルを駆使し、服飾店のターゲットを変更することで売上は3年で150万ドルから650万ドルへ。その後彼は催眠療法センターを開業。

 

このセンターは開業から四年後に700万ドルの売上を達成。

 

この時の手法・マーケティング戦略を引っ提げ、満を持してオンラインマーケティングの世界に進出を果たしました。そして現在に至ります。

LP改善最新事例ベスト3の内容

それでは具体的に本書について解説をしていきましょう。

 

もちろんすべてにわたり詳細に解説をすること、核心部分についてはお伝えすることが出来ませんが、この記事を読むことで本書の内容の一端を知り、ご自身にとって必要かどうかを判断する一助になれば幸いです。

 

本書は5つのブロックで構成されています。その一つ一つについて解説をしていきます。

「はじめに」

本書は「エキスパート・シークレッツ」という、世界で活躍するオンラインマーケター50人に現時点で成功している手法を聞き出し、紹介するサービスを元に構成されています。

 

様々な手法の中で、今回は「LP(ランディングページ)」に的を絞っています。

 

本書はこの「はじめに」を含む5つのブロックで構成されています。それらを順に読み進めることで具体的にLPページについて知り、そして施すべき策を、またはそのヒントを知ることが出来るでしょう。

 第一章「なぜ、LPが重要なのか」

第一章では初歩的なところから解説がスタートしていきます。

「そもそもLP【ランディングページ】とは何か?」という質問に対して明確に答えることは実は難しいものです。

 

なんとなくこんな感じかな、こんなものではないのかな、といった曖昧な知識を、まずはブラッシュアップしていきましょう。

 

本書で著者はランディングページを「営業マン」に例えています。

ランディングページとは「お客様が最初に目にするページ」です。

 

対面販売で営業マンの果たす役割をネット上ではLPが果たさなければいけません。あらゆる説明や、商品の売り、イメージなどをしっかりと魅力的に伝えることが重要です。

 

そしてさらに、理解しやすいということも重要でしょう。

 

営業マンが優秀であればきちんと役目を果たし、そしてたくさんの新規顧客を運んできてくれますが、あなたのLPは果たしてそのような仕組みづくりができているのでしょうか。

 

安定して顧客を獲得するために必要なことを、ランディングページの在り方とともに解説していきます。

第2章「LPを改善する前に知るべきこと」

第一章でLPについて知見を深め、今すぐにでも改善手法を知りたい!と思う方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、具体的な改善手法を知る前にもう一つ知らなければいけないことがあります。それは「アクセス価値」についてです。

 

「アクセス価値」とは簡単に言うと「サイト訪問者一人当たりに払うことの出来る金額」のことです。そこが損益分岐点になっていきます。

 

難しく感じるかもしれませんが、本書では具体例を用いて計算方法を解説しています。こちらを読みながら、まずはご自分のサイトのアクセス価値を計算してみましょう。

 

アクセス価値について理解を深めたら、今度は価値そのものを上げていきたくなりますよね。アクセス価値を上げるためにはどうすればいいのだろうかと考えた時に、ここでLPの改善という言葉が出てきます。具体的にLPを改善することでもたらされる結果について詳しく解説をしています。

 

改善事例BEST3

LPやアクセス価値の仕組みを理解したとことで、次に改善事例を3つ紹介しています。

 

この3つのヒントのすごいところは「すぐに実行できること」というところです。一見すると「そんなことで?」と感じるような事例ではありますが、解説を読んでいくと思わず「なるほど…!」と唸ってしまうような、しっかりとしたロジックがありました。

 

本書のキモでもある「最小の変化で成果を最大にする」。これを実現するための具体策と解説をしっかりと読み込んでおきましょう。

 

「さいごに」

著者のリッチ・シェフレンは小さな改善の重要性、そして改善のヒントはLPの範囲だけではなくすべてにあるとして、エキスパート・シークレッツを紹介しています。

 

エキスパート・シークレッツとは先ほどもお話しした月額制有料サービスのことです。

 

LPの改善が終了しても、まだまだやるべきことがある。

そしてそれは伸びしろがあるのだ、ということを意味しているのだと思います。

 

リッチ・シェフレンは大儲けをすることだけを目的にしているわけではありません。大ヒットがたとえ出なくても、一つずつ成功を積み重ねていくことで売上はいつしか大きいものになります。

この本ではリッチ・シェフレンが読者に向けて強い励ましのメッセージを投げかけているように感じられます。

 

やればやるほど結果の出る具体的な施策を知ることが出来れば、売上もますます向上していくでしょう。興味を持った方はぜひ「エキスパート・シークレッツ」もお試しください、と結ばれています。

実際に読んだ人たちの声

 

【販売元について】

書籍の販売元は、大阪に籍を置く「ダイレクト出版」です。

画像引用元:https://www.d-publishing.jp/

自らを「ちょっと変わった出版社」というこちらの出版社は、紙媒体での書籍を販売していません。

 

そして「自分たちが(英語版で)読んで役に立った本、実際に使ってみて成果が出た本だけを翻訳・出版しています」と宣言もされています。さらに満足保障・返金保証もしっかりと確立されているので、万が一気に入らなければ返金してもらうことも可能です。

これは自分たちの扱う書籍に絶対の自信を持っているからこそなのでしょうね。

 

ダイレクト出版では一般にあまり出回らないビジネスの洋書を多く扱っていますので、興味のある方はぜひ一度サイトに行ってみてはいかがでしょうか。

社名 ダイレクト出版株式会社

創業 2006年5月

住所 〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13 大阪国際ビルディング13F

 

まとめ

リッチ・シェフレン著 「LP改善最新事例ベスト3 最小の変化で成果を最大にする方法」について詳しくお伝えしてきました。

 

そもそもLPとは、というところから始まり、自社の損益分岐点でもある「アクセス価値」の意味と計算方法について。そして具体的な成功事例についても詳細に解説がされています。

 

LPについて、という基本部分から実際に使用されて効果のあった改善事例まで網羅されている本書はLPを改善したい、集客を増やしたい、とお考えの方におすすめしたい1冊です。

 

ランディングページのトレンドは日々変わっていきます。その中で大掛かりな改修を繰り返していては、いずれ疲弊してしまいます。

 

リッチ・シェフレンの手法では大掛かりなことを推し進めるのではなく、

ささやかな手法で圧倒的な改善が見込める、というのがとても魅力的です。

 

本書を販売しているダイレクト出版は大阪にある会社です。紙媒体の本は扱っていませんが、その代わりあまり世に出回らない、

手間のかかるビジネス洋書をしっかりと読み込み、価値のあるものだけを販売しています。

販売しているものに自信があるからこそ、読者の目線に立った「満足保障」「返金保証」といった制度も充実しているのでしょう。

 

リッチ・シェフレンは小さな、誰にでも出来そうな改善策を惜しみなく紹介しています。この一歩を踏み出すか、こんな簡単なことで売上増が見込めるわけもない、と初めから諦めてしまうのか…本書を読めば小さな改善の重要性がよくわかります。

ぜひ、目の前の小さな改善から始めてみてはいかがでしょうか。

-ビジネス書

Copyright© 書評サークル運動 , 2021 All Rights Reserved.